かっさ とは?

『かっさ』は漢字で書くと『刮痧』と書きます。中国では2500年前から行われており、西太后も使っていたといわれています。

 

かっさ療法は肌に滑ざい(オイルやクリームなど)を添布し、専用のかっさ板を用いて、皮膚の経絡や反射区を刺激する療法です。

『刮』とは『けずる』『こする』の意味

『痧』とは『瘀血(おけつ・血液の毒・悪血)』を意味しています。

 

つまり、専用のかっさ板を用いて、毛細血管に圧を加えて悪い血を押し出し経絡の流れをスムーズにして体調を整える治療方法です。

東洋のデトックスです。

 

頭から足先までトータルでのかっさコースと背中・肩・首・フェイスのコース、

フェイス頭皮コースの3タイプご用意しております。

いずれも、施術前のスチーム足湯付きです。